【会話例文付!!】マッチングアプリでライン交換っていつしたらいいの?

「マッチングアプリでマッチングしてやりとりし始めたはいいけど、早くライン交換したいなあ・・・」ともがき苦しんでいる方多いんじゃないでしょうか?

ただ、相手との距離感を早く縮めたいけど、まだやりとりし始めたばっかだし、いつがベストタイミングかわからない。そもそも、どんな切り出し方で会話を始めたらいいのかもわからないよーって方がほとんどだと思います。大丈夫です!! 誰でも最初は失敗ばかりです。

そんな失敗から学んだライン交換のタイミング、実際の会話内容をご紹介していきたいと思います。

マッチングアプリでライン交換をする理由・メリット

世の中には数多くのマッチングアプリがあり、メッセージのやり取りができる機能はそのほぼすべてに搭載されています。

そうなると「わざわざLINEアカウントを交換しなくてもアプリ内でやり取りをすればいいのでは?」と思ってしまいがちですが、LINEを交換することでメッセージ以外の方法で交流ができる、相手とよりスムーズにやり取りができるようになる、といった数々のメリットがあります。ここではその詳細を解説していきます。

LINEで通話できる

LINEアカウントを交換することでLINE通話ができるようになることは大きなメリットの一つ。

直接通話することで、メッセージのやり取りだけでは分からなかった相手の雰囲気・話し方・人間性などを知ることができ、お互いに親近感を感じやすくなります。また、メッセージのやり取りだけの状態が長くなってきてイマイチ会話が盛り上がらない…という状態を打開するためにも通話は有効的な手段となります。

ちなみに、通話だけでなくLINEを使うことでボイスメッセージを送り合うこともできるようになります。いきなり電話だと緊張してしまう、という方は内容を考えてから送ることができるボイスメッセージのやり取りもおすすめです。

メッセージに気付きやすい

LINEは今ではほとんどの人が日常的に連絡のツールとして使っているアプリケーションです。

一日を通してマッチングアプリよりも頻繁にチェックしているという人が多いので、メッセージの通知にも格段に気付きやすくなるでしょう。

また、LINEを使うことでメッセージの既読・未読が簡単に分かるようになり、相手の「本気度」を測りやすくなります。未読で返信が長い間来ない場合は仕事や勉強で忙しかったという可能性もありますが、既読の上で返信が来ない場合はあなたの優先順位が低いのかもしれません。

なお、マッチングアプリの中にも既読・未読が表示される機能が付いているものもありますが、有料のオプションとなる場合も多いので注意が必要です。

無料で連絡できる

マッチングアプリの中には男性会員は有料でないとメッセージのやり取りができないものや、メッセージのやり取りをする回数に制限が設けられているものも多くあります。

有料会員の期間を過ぎるとマッチングした女性とは全くやり取りができなくなる可能性もあるため、無料で無制限に連絡できるLINEアカウントを交換しておくと安心でしょう。

また、若い男性会員の中には出費を抑えるために初月のみ有料会員で登録をして、その間に気になる女性とLINEアカウントを交換し、翌月から無料会員に移行するという人もいるようです。

したがって、女性会員の方も気になる男性会員がいる場合は早めにLINEアカウントを交換しておいた方がいいのかもしれません。

ライン交換をするベストタイミングと会話例文

マッチングアプリでやり取り中の相手とのLINE交換のタイミングは難しい問題の一つ。

今までやり取りが上手くいっていた相手とも、タイミングを見誤ってしまったことで音信普通になってしまう可能性もあり、見極めはとても重要です。

そこで、ここでは成功しやすいLINE交換のタイミングを進展具合別に3つ紹介します。実際に使える会話例文もあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

やりとりが盛り上がったタイミング

趣味や仕事など、共通点のある話題で盛り上がり30分から1時間ほど継続してやり取りを行っている場合はLINE交換をするチャンスです。

お互い早いテンポで返信し合い、文量も多くなってきた頃に「アプリだと面倒くさいしLINEでやり取りしませんか?」と切り出せば自然な流れでLINE交換まで持っていけるでしょう。

また、同じ理由で、「テキスト打つのが面倒くさいのでLINE交換して通話しませんか?」と誘うのもおすすめ。

ただし、知り合ったばかりのタイミングでLINE交換をするのに抵抗があるという人や実際に会うまではLINEを交換したくない人、またそもそも通話が苦手という人もいるので、断られてしまった場合は素直に引き下がりましょう。

デートを約束したタイミング

デートの約束をして直接会うということは、多かれ少なかれあなたに好意を持っているサイン。

したがって、そのタイミングでLINE交換の打診をすると成功する確率も高くなるでしょう。

また、当日待ち合わせをスムーズにするためにLINE交換しておくことは合理的な流れなので、「当日何かあった時に連絡を取るかもしれないし、LINE交換しておかない?」と言うと相手も素直に応じやすいでしょう。他にも、「道に迷った時に電話したいからLINE教えておいて!」と言ってみるのもいいかもしれません。

ただし、中には会うまではLINE交換はしない、など自分なりのルールを決めている人もいるので、もし断られてしまった場合は素直に引き下がりましょう。

デートで実際に会ってから

デート当日はLINE交換をする絶好のチャンスでしょう。顔を合わせているので安心感もありますし、デート中に会話が盛り上がりその流れで、というのも自然です。

また、別れ際に「次回の計画を立てやすいからLINE交換しない?」と切り出すのも良いでしょう。デート中に聞けなかった場合は、帰宅後「今日は楽しかったね。また会いたいしLINE交換しとかない?」と言ったり「今日撮った写真を送るからLINE教えてくれない?」と促したりするのがおすすめです。

デート後にLINE交換を断られた場合や、LINE交換をしたのに一向に返事が返ってこない場合は残念ながらお相手はあなたに興味がないのかもしれません。その場合は切り替えて次のお相手を探しましょう。

女性からのライン交換はいつでも成功する!?

男性は基本的に女性の方から「いいね」やメッセージをもらったりLINEを聞かれたりということが少ないため、女性からのLINE交換の打診は素直に嬉しいと思う方が多いようです。

また、無料・無制限でメッセージのやり取りができるLINEに早く移行したいと思っている男性会員が多いこともあり、女性からのLINE交換はタイミングさえ間違えなければ高い確率で成功するでしょう。

ただし、マッチングしてすぐにLINE交換を持ちかけたり最初からガツガツ行きすぎたりしてしまうとサクラやネットワークビジネスかと疑われてしまう可能性も。やり取りを数回重ねた後の自然なタイミングで「良かったらLINE交換しませんか?」とストレートに聞くのがベストでしょう。

ライン交換のデメリット!?上手な断り方

ここまでLINE交換のメリットについてお伝えさせて頂きましたが、もちろんデメリットもあります。

マッチングアプリには残念ながら出会い系サイトの業者やネットワークビジネスの会員などが潜り込んでいて、そういった人たちにLINEアカウントを悪用されてしまう可能性があるのです。

もしやり取りの最中不安を感じてLINE交換を断りたい場合は、「実際に会ってから交換しませんか?」とこちらから提案してみると良いでしょう。

ライン交換後にメッセージを続けるコツ

「ライン交換まではこぎつけたけど、実はライン交換した後にブロックされちゃうんですよね・・・」なんて声もたまに聞こえてきます。わかります。それもあるあるです。

ライン交換できただけでも大きな一歩ですが、ライン交換後のやりとりで気を抜いてはいけません。

ライン交換後にメッセージをどう続けていくのかがその後のデート行けるかどうかの大きな鍵になっていくからです!ということで、ライン交換後どうやって関係性を発展させていくのかについては以下の記事に詳しく書いたので、要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です